スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日本人の祭りと呪い 著者:三浦竜 



■書籍名
 日本人の祭りと呪い

■著者
 三浦竜

■書籍の帯
 神輿の掛け声はなぜ「ワッショイ!」

■書籍レビュー

 先日お会いさせていただきました

 手工雑考の明悦さんから

 お祭りやお呪いにはいろいろな意味があるんですよ

 という お話をお聞かせいただきまして

 むくむくと興味がわいて

 こんな本を読んでみました


 神事は神霊を祀るための儀式であり

 多くの祭りで行われる神事には重要な意味があるようです


 また、ほとんどの祭りに共通しているのは

 神事には「まじない」という大事な意味が秘められており

 言うまでもなく、人を幸せにしたり世の中を平穏にしたりするためのもの

 
 例えば

 
 



 
 

日頃よりお世話になっております

春名山猫さんのblogで紹介されていた

「長崎くんち」は 諏訪人社の大祭りで

豪華絢爛、異国情緒あふれれたお祭りとして

知られているそうですが、

「くんち」ってなんだろう??

その答えが本書に書いてありました

九月九日、あるいは九のつく日に行われる行事を

「おくんち」というそうです

「おくんち」とは「御九日」と一般にいわれていますが

「供日」の意味とい説もあります


九月は収穫の時期でありそれを祝う祭りと

九月九日の「重陽の節句」が結合したもといわれているんですって


その他



盆踊りが悪霊を踏み鎮める原始の踊りだったり


流鏑馬は

武士にとって武術の修練の一つでもありますが

まじないの観点からみると一年の吉凶を占う

「年占」の一種で

見事命中すれば、その年は吉であり

五穀豊穣がかなうとされたそうです



運動会でおなじみの綱引きは

昔は二手に分かれて競いあい

勝った方の村や集落が豊作になるという年占いが多いそうです


佐賀県の「呼子大綱引」では

「岡組」と「浜組」に分かれて綱をひき

「岡組」が勝てば豊作

「浜組」が勝てば大漁になるんですって


大宰府天満宮の鷽替えでは悪い事がウソになって良い事に

替わるまじないがこめられているとか


お祭りの意味がわかるとより面白いものですね



関連記事



tag: :ベストセラー書籍レビュー日本人の祭りと呪い三浦竜

コメントの投稿

Secre

No title

面白そうな本ですね。
日本て八百万の神もいるし、未だに奇祭とかありますものね。
この本には、日本のトンでも祭りは載っているんでしょうか?
私はこのサイトを見て、ビックリしたんですが(笑)
http://www.sugikoto.com/maturi1.htm

神社の神様って実は、人を祟る荒ぶる神を鎮める為に祭ったものが多いですよね。
ちなみに綱引きの掛け声の「オーエス」って言うのは何ででしょう?


ももさん

コメントありがとうございます。

ご紹介いただいた「奇妙な祭り」の本ですが、
記憶をたどって自分のblogをたどったところ、
同じ本ではなかったのですが、奇祭について
ご紹介したことがありました。

「大人の社会科見学」(よろしければご覧ください)
http://booksreviewer.blog10.fc2.com/blog-category-13.html

奇妙なお祭りで3大奇祭となっていた
かなまら祭り、この本で私はくいつきましたね。
だって・・・↓
http://www.sugikoto.com/maturi1.htm

ピンクのエリザベスみこしや縁日の
ご神体ペロペロキャンディーなんか
ぜひ見たい欲しいと思いましたもん。(やっぱり変態)

日本の神様は本当に懐が深いと改めて思いました。

> ちなみに綱引きの掛け声の「オーエス」って言うのは何ででしょう?

このももさんの疑問、会社のメンバーに投げかけたところ、
皆一斉に仕事を中断し各自PCで検索・・・(社長までも)
既にご存じかもしれませんがこんな結果が。。
http://www.tugofwar.jp/tughis.html


ちなみに綱引きでどんなかけ声をしていたか
覚えていたのは、23歳の社員だけでした。
(中高年層は綱引きの記憶薄)

その社員はももさんと同じ「オーエス」だったと
申しておりましたが、我々は「ワッショイ」でした(笑)

No title

再びおじゃまします~。
日本のお祭りって奥深いですよね~(笑)
静岡にある、トイレの神様を祭ったお寺をご存知ですか?
明徳寺ってお寺なんですが。
そこのご本堂が、一物様で(笑)参拝の仕方が変わっているんです。
行った時の記事ですが・・・お暇な時にどうぞ~。
http://momocucha.blog58.fc2.com/blog-entry-256.html

ここも念に1回、お祭りがあるらしいんですが、想像しただけで面白そうですよね~。

綱引きの掛け声なんですが、
関東は「オーエス」で、関西は「ワッショイ」だと、この前テレビでやっていました!
住む場所で違うんですね~。

こんにちは~

綱引き「わっしょい」のよろこです^^
ご無沙汰いたしております。

祭りって、
そっか・・・意味や目的があるんですね~

ただただテンション高く
踊りまくったり(盆踊り)したなぁ~
で、小学校のとき
盆踊り大会で優勝して
ドラえもんの時計もらったなぁ(シミジミ)
悪霊を鎮めるためだったんだね、盆踊りって。
私なんかむしろ
悪霊にたたられてたなぁ(爆っ)
だって、その時、小学生3年生だったかなぁ・・・
ひたすらドラえもんの時計欲しさに
審査員の前通るときだけ情熱的に踊ってたもんなぁ(笑)
今さらですが・・・神様お許しください・・・

No title

こはるさんへ

こはるさんは、本当に 読書家ですね。

いろんなジャンルの本を紹介してもらい 為になります。

かなり前の 喫茶店の本の紹介ありましたよね。

いつか また東京に行った時は、その記事を読み返して 行ってみたいと 思っています!

私は、突然にブログやめてしまいましたが

時々は、遊びに来ますね。

ももさん

ももさん

素敵な記事のご紹介ありがとうございます。
なんと私にドストライクな(笑)

スリスリ(股)参拝は初めてです~
伊豆はよく行くんですか、全くノーマークで。。
次回伊豆へいったときは、足をのばして
ぜひご神体にお目にかかりたいなと。。

それにしてもみーちゃんカワイイなぁ~
みーちゃんに会うだけでもご利益がありそうです。

ちょっと前に「トイレの神様」って歌がはやりましたが、
ここの神様のずっと先でしたね。


> ここも念に1回、お祭りがあるらしいんですが、想像しただけで面白そうですよね~。

うあぁぁお祭りぜひみてみたいですね~♪
朝立君飲んで張切って参加しちゃうぞ!

>
> 綱引きの掛け声なんですが、
> 関東は「オーエス」で、関西は「ワッショイ」だと、この前テレビでやっていました!
> 住む場所で違うんですね~。

あらら、関西は「ワッショイ」なんですか。
両親が関西出身なのでなんとなく親しみがあったのかもしれませんね。

今綱引きやったら、間違いなく腰くだけるんだろうなぁ。。(老)

コメ返遅くなってすみませんでした。
またよろしくお願いいたします。

よろこさん

コメ返遅くなって申し訳ありません。

あぁ、よろこさんも「わっしょい」圏ですか。

> ただただテンション高く
> 踊りまくったり(盆踊り)したなぁ~

え~可愛い~~よろこさん!
子供の頃は町内会とかの盆踊りが
沢山開催されていましたよね。

今はあんまり見ないなぁ。。

踊っているのは老人会のおばあちゃんばかりで
今の子供って踊りかた知っているんだろうか。
(あ、私炭坑節だけは体にしみついてます)

> 悪霊にたたられてたなぁ(爆っ)
> だって、その時、小学生3年生だったかなぁ・・・
> ひたすらドラえもんの時計欲しさに
> 審査員の前通るときだけ情熱的に踊ってたもんなぁ(笑)
> 今さらですが・・・神様お許しください・・・

うふふふ
今思えば、大人の策略に
まんまとはまってしまったんですね。
どらえもんグッズ、人気ありましたもんね。

目的はどらえもん時計だけど、
情熱的に踊ったから、しっかり悪霊は
踏み固められたのではないでしょうか。

どらえもん時計は神様のご褒美ってことで(美)

またよろしくお願いしま~す♪

ぱぱりんこさん

ぱぱりんこさん

ブログ閉鎖、残念ですぅ。。
いつぞやは、家の事でいろいろとお世話になりまして、
本当にありがとうございました。

最近はビジネス本からかけ離れてしまい(飽)

好き勝手やっておりまして、、

読書家だなんて、お恥ずかしい限りです。

> かなり前の 喫茶店の本の紹介ありましたよね。
>
> いつか また東京に行った時は、その記事を読み返して 行ってみたいと 思っています!


ありがとうございます。

最近は都内も素敵なカフェが増えてます。

こちらへお越しの際は、ぜひお気に入りのカフェを
見つけていってくださいね。

> 時々は、遊びに来ますね。

はい♪ぜひぜひ。。お待ちしてますね!

フッカフカのあきちゃんの姿が見れなくなるのは寂しいですが、
私の記憶にしっかりインプットされているので、
思い出しては癒されたいと思います。

長い間ありがとうございました。
そして今後ともよろしくお願いいたします。

奥まったとこに(笑)お邪魔しま~す♪

こはるさん、こんにちは。

最新記事のほう、こちらこそありがとうございました♪
いっぱい色付きで名前が出てきてドギマギしちゃうけど(爆)嬉しかったです!

おお・・・ 『レッドツリー』!!!!!!!
僕も、ショーン・タンさんの本では2冊めに購入したものなんですよ♪
“希望まで360秒”という副題が、なんだか余分な気がして、
シンプルな大型本のほうをチョイスしましたが・・・(^^;)

最後から2ページめのとこの『そのとき 突然・・・』のくだりで、
すべてが言い表わさせている(テキストだけでなく、画でも)のですが、
・・・つまりはそういうことなんですよね。

光と影、陽と陰、表と裏・・・あるいは、希望と絶望とか、
一見相反するように思えるものでも、実は片一方では成り立たない「対」。
そのとき自分がどちら側に立っているか?ということだけであって、
互いは常に寄り添いながら並走しているし(その境界線は極めて曖昧)、
もっといえば、実はどちらも同じもの・・・なのかもしれません。

そこで視えないものは、得てして無いものとされる。 ある意味では真理です。
でも、ほんとはあるんですね。 確として。
「視えない」んぢゃなくて、「視てない」だけなんです。大抵は。

そして、ほんとうに大切なモノや美しいモノは、決して自己主張なんてしませんね。
ただ、そこに静かに在るだけ。 “きらきらと あざやかに”。
そう、ちょうどこの本のアチコチに描かれた赤い葉のごとく・・・

だから、「あ・・」って感じる光(=影)をみつけたら、そっと撮りとめておきたい。
(ときには「画像処理」という形で丁寧につつみこんだりして)
そんでもって、僕のノートにペタッと貼付けておく・・・
僕のブログは、ただそれだけの行為なのです。

そうそう、長谷川潾次郎さんという孤高の画家をご存知ですか?
氏が遺した作品はもちろん、その言説にも大きく頷けることが多いです。

「朝起きて夜具を畳む、面積が突然変わり、大がたちまち小になる。
 このような奇蹟に驚かずに、日々私たちは生きている。
 一切を忘れること、 ぼんやりと歩くこと、
 新しい心で絶えず現れる印象をまともに受け入れること、
 その第一印象によってのみ画面を組織すること、
 すべての知的努力は第一印象を適切に表現する手段にのみ向けられること、
 画面の最後に残るものは、よりみずみずしい第一印象だ。」

「私が口にしようと思っても、躊躇して口に出来ない問題、
 私にとって一番大切な問題がある。
 誰かが私の画のなかに、その事情を読みとってくれるだろうか。」 ・・・などなど。

http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2010/0530/index.html

ああ、また長くなりました(笑) 悪いクセです・・・ゴメンナサイッ(`ロ´;)!!

G.D.M.T. さんスミマセン

奥まりコメントありがとうございます。
最近、コメント欄を閉じているもので、
ご面倒をおかしてすみませんでした。

> いっぱい色付きで名前が出てきてドギマギしちゃうけど(爆)嬉しかったです!

いやぁ~私のボキャブラリーのなさがさく裂で(笑)
言葉なんかよりとにかくG.D.M.T. さんの作品をみていただければ
きっと多くの事を感じていただけると思ってついつい。。
(他力本願ですね 笑)


> “希望まで360秒”という副題が、なんだか余分な気がして、
> シンプルな大型本のほうをチョイスしましたが・・・(^^;)

そうなんですよね、あの副題って自己啓発なかおりが
ちょっとしたりして。。
読んでみると、表面的なことより実は
もっともっと深い意味があるような絵本ですよね。

> 最後から2ページめのとこの『そのとき 突然・・・』のくだりで、
> すべてが言い表わさせている(テキストだけでなく、画でも)のですが、
> ・・・つまりはそういうことなんですよね。

最初の方は画も言葉もかなり重い空気感かもしだしまくり
読み進むにつれ、この本はいったいどこに向かうんだろうって不安でした。

最後の2ページであぁ、そうくるのか。。
まさに光をみたという印象でした。

> 光と影、陽と陰、表と裏・・・あるいは、希望と絶望とか、
> 一見相反するように思えるものでも、実は片一方では成り立たない「対」。
> そのとき自分がどちら側に立っているか?ということだけであって、
> 互いは常に寄り添いながら並走しているし(その境界線は極めて曖昧)、
> もっといえば、実はどちらも同じもの・・・なのかもしれません。

表裏一体
表と裏があってはじめて成り立つんですね。。
G.D.M.T.さんの作品にちゃんとそのメッセージがあったんだなって
この絵本をみて感じたんです。


> そこで視えないものは、得てして無いものとされる。 ある意味では真理です。
> でも、ほんとはあるんですね。 確として。
> 「視えない」んぢゃなくて、「視てない」だけなんです。大抵は。

視えないものを視ようとすることはとっても難しいですもんね。
確かに視てないだけなんですよね。
「真理」かぁ。。まだまだ修行が足りないなぁ。。

> だから、「あ・・」って感じる光(=影)をみつけたら、そっと撮りとめておきたい。
> (ときには「画像処理」という形で丁寧につつみこんだりして)
> そんでもって、僕のノートにペタッと貼付けておく・・・
> 僕のブログは、ただそれだけの行為なのです。

G.D.M.T. さんの作品が魅力的で多くの人たちに愛されなのか・・・

決して押しつけがましくなく、みせるための作られた美しさではなく、
たださりげなく、忙しい日常でつい素通りしてしまい、
そっと息づく命をファインダーにおさめてる。。

「あっ」て感じること、その瞬間足を止めて立ち止まる
大切さを教えてもらってます。


> そうそう、長谷川潾次郎さんという孤高の画家をご存知ですか?
> 氏が遺した作品はもちろん、その言説にも大きく頷けることが多いです。
> 「朝起きて夜具を畳む、面積が突然変わり、大がたちまち小になる。
>  このような奇蹟に驚かずに、日々私たちは生きている。
>  一切を忘れること、 ぼんやりと歩くこと、
>  新しい心で絶えず現れる印象をまともに受け入れること、
>  その第一印象によってのみ画面を組織すること、
>  すべての知的努力は第一印象を適切に表現する手段にのみ向けられること、
>  画面の最後に残るものは、よりみずみずしい第一印象だ。」

いやぁ~不勉強で・・・存じ上げませんでした。
少し調べてみたら、日常の身近なものを作品にされているんですね。
ネコの絵はうっかり音を立てたら今にも目を開けそうな
毛の感触や温度を感じる作品ですね。ほっこり。。


「新しい心で絶えず現れる印象」
ボケ~っとしていたらとても表現できないし、
受けてもまた画のなかの事情も読み取れませんよね。

頭をクリアにして長谷川潾次郎さんの画集を
拝見させていただこと思います。

いつもご紹介ありがとうございます。
勉強になります!
★★★★★★
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
カテゴリ
月別アーカイブ
人気記事ランキング
ランキング
ベストセラーランキング 人気ブログランキングビジネス ブログランキング
↑アクセスありがとうございます。クリックをお願い致します。
相互リンク
オーガニック美容室| マッチ箱| アンティーク・ジュエリー| 楽天・ジュエリー| 植木屋| スニーカー| プロサーファー| サーフショップ| バリ島| ダンサー| 葛飾区鍼灸| ハワイアン雑貨| スペイン料理赤坂| 技術開発| 四つ木鍼灸| 宝石ジュエリー| 読書日記| 葛飾区住宅リフォーム| 乳癌サバイバー| 金町リフォーム会社| 今日のコーディネート| 相模原リフォーム会社| うちの猫にゃんのブログ| 葛飾区 美容サロン|
  • SEOブログパーツ
 リンク集

あわせて読みたいブログパーツ 相互リンク集 Site Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。