スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)2010年3月号 講談社 ビジネス書/経済 雑誌

クーリエ・ジャポン
この雑誌はレビュープラス様より献本して頂きました。
有難うございました。

☆書籍名
COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)

☆著者
講談社

☆書籍の帯
貧困大国(アメリカ)の真実

☆書籍レビュー

今月号のクーリエは、内容が充実しております。

表紙は堅いイメージですが、経済だけではなく、
ファッションやグルメ、時事ネタなど幅広い記事を
掲載しております。

様々なジャンルの情報を取上げ、読者層を広げようとしている??
編集部の方の努力が感じられます。

どの記事をピックアップしようか大変迷いました。

気になった記事がありましたら、ぜひコメントにて突っ込んでくださいませ。

【こはる的注目記事】

米国で急増するフードスタンプの受給者
⇒失業者が増加し、フードスタンプ(食料配給券)の
 受給者が過去最高に達し、1日2万人のペースで増え続けている
 日本も明日は我が身? 

学生を借金漬けにする教育システム
⇒金融危機により低金利の学資ローン提供の時代が
 終わりを告げた。学資ローンの金利と学費の高騰で
 大学を卒業しても借金返済の日々が待っている。

 大学進学選考基準に採用しているSAT(大学進学適性試験)は、
 生徒の家庭の収入と高い相関関係にある。
 純粋に学力できまるというのは全くのデタラメだった!

恐るべき刑務所ビジネス
⇒囚人の刑務所内での労働時給は12セント~15セント
 この非常に安い賃金が企業のアウトソーシング先となっている
 人件費が安いだけでなく、組合を作ったり、ストをしたりせず、
 福利厚生も必要ない貴重な労働力として注目を集めている。

 メディアの流すイメージによりサブプライムローン等で
 家を失ったホームレスが増加。
 そんなホームレスを逮捕することが正当化されてきた。
 これもメディアの操作なの??
 ホームレスを囚人にして労働力を増やそうとしてる?
 恐るべし米国!大丈夫か米国?

ワールドニュースヘッドライン
⇒捕鯨船の次はマグロ漁を妨害すると明言している「シーシェパード」
 年々過激になる妨害行為について、オーストラリア政府の対応を考える。
 

世界のトレンドを引っ張っても海外進出できない日本ファッション
⇒ここ10年あまり、ファッション・トレンドは日本で生まれ、
 世界に広まっていった。しかし日本のブランドはそのことにすら気づいていない

 「H&M」「トップショップ」など欧米の衣料大手のバイヤーを
 東京に招き、最新ヒット商品をカバンいっぱい買い込ませて帰らせる。
 こうして日本のデザインは海外でアレンジされ欧米ブランドの名で売られている!

ミシュラン覆面調査員とランチを食べてみた
⇒ミシュランのルール
 ・徹底した秘密主義
 ・出されたものは全て食べなければならない
 ・接客業、ホテル経営、調理に関する資格を持っていることが必須

 ミシュランの調査員はウェイターに質問するのが大好き
 理由:答えをでっちあげているか否かを見分けられるから
 
 先日紹介したミシュランの星を取った同級生の店にきた
 覆面調査員もこのルールと資格を満たしていたのでしょう。。

映画がディナーショーの場に!
⇒ゆったりと足を伸ばせるリクライニングシートに体を横たえ、
 ウェイターが運んでくれる料理に舌鼓を打ちつつ映画を観る
 そんな新しい趣向の映画館が注目を集めている(米国)

世界一美しい女性がいる国は?
⇒どの国の女性がもっとも美しく聡明なのか?
 男女平等が進み、女性の大学進学率が高く、
 さらに健康的な食習慣を送っているということから
 シリアが世界1位に選ばれた。
 逆に最下位はサウジアラビアだという。
 その理由は?? (ミシガン大学研究結果より)


今月号を先着1名様に、差し上げます!!
コメントにてお知らせください。



☆こはる的 評価
★★★★★
今回は文句なしの5つ★です

☆一言感想文

関連記事



tag: :ベストセラー書籍レビュービジネス雑誌経済COURRiERJapon(クーリエ・ジャポン)2010年3月号講談社

コメントの投稿

Secre

No title

なんだか、会社においておいたら、
ウチのシャッチョサンが食いつきそうな内容ですね~♪

え?!先着・・?抽選・・?
じゃんけん?(献本だけに・・・)

じゃあ、まず、立候補でお願いします。

あれ?!これ、もしかして、みんなで手挙げて、
最後にコメントした人に「どうぞ、どうぞ!」ってパターンだったり
するのでしょうか?!

パンパカパ~ン(祝)

ナウ様、ご応募頂きまして、有難うございます!

先着ですので、1番に手を挙げて頂いたナウ様に差上げます!

ナウ様のblogのプレゼント企画からヒントを
いえ、真似をさせていただきました。

お読みになりましたら、ぜひシャッチョさんにも
ご提供ください♪

いつも、コメント有難うございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

こんにちは

自然は私たちに活力を与えてくれます。
たとえ五分でもボーと空を見たり木を見るのもいいですよ

世界のトレンドを~~~

やはりこの特集でしょう。

海外進出できない日本ファッション

実は、ちぐぅ太、元アパレル業界従事者だったゆえ、
言いたいことは、いろいろありますが、

今、ファッション業界で、結構いいポジションにいるおじさん達は、
ほとんどみんなバブルをしょっちゃってます。

なので、作れば、売れる!時代だったことと、
ご自分の企画営業力が、ごっちゃになっちゃってるようで、
皆様、危機感が感じられませんでした。

そんな企業ばかりではないと祈りますが、
マンションメーカーから、上場企業まで数社勤務して
どこでも同じように感じたことです。

きっと、そんなんだから、特に、海外進出することとか
誰も考えてこなかったんでしょう。
今人気の海外製品より、あきらかに技術力は高いと思いますが、
ルートがないんです。進出の・・・。
残念なことです。

はじめから、海外も視野に入れて、天下を取ろうとしてる
柳井氏がひとり勝ちなのは当たり前だと思います。

クーリエジャポン欲しかったなぁ・・・・(iДi)・・・。


かなめこさま

ご訪問&コメント、有難うございます。

自然の少ない環境で暮らし、仕事をしているため、
時々心から疲れてしまいます。

そういえば出勤時は急いでいるし、
帰宅時は真っ暗だし、空を見上げていませんでしたね~

かなめこさまのススメ通り、短時間でも
自然に触れるよう心かけてみます。

有難うございました♪

純さま

ですよね~~

純さんは本職なので、ファッション関係の記事は
気になりますよね。

トレンドを盗んで海外で売るんだったらまだしも、
トレンドは盗む、日本に戻って円をガッポリもっていくなんて・・・
本当に、悔しい!

H&Mで服買うの悔しくなりました。

Re: 海外進出できない日本ファッション

コメント&ご訪問、有難うございます!

ちぐう太さん、アパレル業界の方だったんですかぁ!
ちぐう太さん情報また一つゲットv-238

> なので、作れば、売れる!時代だったことと、
> ご自分の企画営業力が、ごっちゃになっちゃってるようで、
> 皆様、危機感が感じられませんでした。

時代の変化についていけない、
受け入れようとしない。。
過去にしがみついている、
捨てることが出来ないから新しいものを取り入れることができない。

う~ん、そんなおじさま達にピッタリな
お薦めなビジネス本が沢山あるんですけどね~(笑)

> マンションメーカーから、上場企業まで数社勤務して
> どこでも同じように感じたことです。

そうなんですかぁ・・・残念だし、
日本の近い将来が危ぶまれますねぇ。。

企業が大きければ大きいほど、
抱える社員も多くなっているので、
思い切ったチェンジは難しいかもしれませんが、
上の人達の意識が変わらないと
あっというまに自然淘汰されてしまいそうですね~

> はじめから、海外も視野に入れて、天下を取ろうとしてる
> 柳井氏がひとり勝ちなのは当たり前だと思います。

柳井さんを見習って、他のファッションメーカーも
続いてほしいですね~~

前回の記事をご覧になって、
クーリエジャポンを購入して頂いたんですよね。
有難うございます。

ここのところ、レビュープラスさんから
連続してクーリエジャポンを献本して頂いているので、
次月号も頂けるのではと密かに期待してます。

その他にも献本して頂いた書籍類は全て
希望される方に先着で差上げたいと思っております。

月曜日と木曜日を更新日としています。
またのご応募お待ちしております。

こんばんは~

こんばんは。

のぉぉぉぉ、先着順に
遅れをとってしまった(笑)

しかし、日本ファンションって
ある意味そんなにすごいのねとびっくり。
トレンド生んでるんだ・・・

私が気になったのは
学資ローンの話。
学資ローンや奨学金そのものの問題も
気にはなるけど、
お金と教育との関係が気になります。
日本でも、経済格差と教育格差との関係について
話されたりしますよね。
教育の理念から、
現実はどんどん遠ざかっているような気すらします。





よろこ@ さま

よろこさん、こんばんは~
いつもコメントありがとうございます。

よろこさんは教育現場にいらっしゃるので、
お金と教育の関係は気になるところですよね。

> 日本でも、経済格差と教育格差との関係について
> 話されたりしますよね。

知り合いの娘さんが通っている私立高校では、
授業料が支払えなくなって退学せざるを得ない生徒が
続出しているそうです。

> 教育の理念から、
> 現実はどんどん遠ざかっているような気すらします。

不勉強で、教育の理念を理解していないのですが、
経済格差が教育格差につながらないような
社会になればいいなぁと思っています。

何処かの国のように、教育費を無料にしたら、
経済力に関係なく、平等に学べて、
将来、もっと優秀な人を輩出することが出来るのかな~と。
素人考えですみません。

あ、次回もこのような企画を考えていますので、
懲りずにご訪問おまちしてま~す♪
★★★★★★
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
カテゴリ
月別アーカイブ
人気記事ランキング
ランキング
ベストセラーランキング 人気ブログランキングビジネス ブログランキング
↑アクセスありがとうございます。クリックをお願い致します。
相互リンク
オーガニック美容室| マッチ箱| アンティーク・ジュエリー| 楽天・ジュエリー| 植木屋| スニーカー| プロサーファー| サーフショップ| バリ島| ダンサー| 葛飾区鍼灸| ハワイアン雑貨| スペイン料理赤坂| 技術開発| 四つ木鍼灸| 宝石ジュエリー| 読書日記| 葛飾区住宅リフォーム| 乳癌サバイバー| 金町リフォーム会社| 今日のコーディネート| 相模原リフォーム会社| うちの猫にゃんのブログ| 葛飾区 美容サロン|
  • SEOブログパーツ
 リンク集

あわせて読みたいブログパーツ 相互リンク集 Site Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。