スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



怖い絵(2) 著者:中野京子 教養/美術書 



☆書籍名
怖い絵(2)

☆著者
中野京子

☆書籍の帯
心の底からゾッとする名画の見方、教えます!

☆書籍レビュー
歴史の裏を知り尽くした著者が、西洋名画に秘められた
恐るべき怨念・冷酷・非情をとき明かす、
知的でスリリングな美術エッセイです。

レンブラント、ピカソ、ボッティチェリ、ミレー、ビアズリーなどなど、
あの名画にこんな恐ろしい秘密が隠されていたなんて!!

怖いもの好き、美術好き、読書好き、歴史好き、
好奇心いっぱいの方々にオススメです。

☆こはる的 評価
★★★★☆

☆一言感想文
美術の本 怖い本
関連記事



tag: :ベストセラー書籍レビュー教養美術書怖い絵(2)中野京子

コメントの投稿

Secre

No title

いつもくだらない事を
考えてる私ですが、
実は、こういった、現実的なダークな印象を
与えるものは、凄く気になりますね♪
というより、好物です♪
ん?実は性格暗いのかも・・・?!

No title

こんにちは
美術好き、読書好き、歴史好き
だけど、怖いのはダメっす(´・ω・`)
ピカソとかいかにもあやしそう

No title

あ~怖いよ~
何で昔の芸術にはこういうのがつき物なんでしょう。
怖いけど知りたくなっちゃうんですよね~

アキヒサナウ さま

コメント有難うございます。


作品には、魂が込められていると思うのです。

ナウさまや、モールエイジさまのようなアーティストにしか

理解できない『なにか・・・』に共鳴されるのではないでしょうか。

世界で賞賛される美しい芸術品に、実は・・・恐ろしいメッセージが隠されていて、
それを怖いんだけど・・・ん~でも知りたい!という人間の心理を上手くついているところが、
この本の人気の理由なのかもしれませんね。

ナウさまが暗い?
OH~・・・あのナウさまの後ろ姿(Wピース)から、
暗さの微塵も・・・・・

あ・・・
失礼しました。

人は多かれ少なかれダークな面がありますよね。。イヒ

たくや さま

いつもコメント有難うございます。

怖い絵2に掲載されているピカソの作品は
「泣く女」でございます。

女関係が激しかったピカソが、泣かせまくった女の情念を感じます。

その激しいバトルを作品にしたくて、わざわざ浮気相手同士が喧嘩するよう
けしかけたという逸話も残っているようです。

ゲ~ェ(芸)の~た~めには~ぁ、女房もなかすぅ~~♪
(あ・・・古すぎててわからないかも・・)

万国共通、巨匠たちってスゴイですよね☆

モールエイジさま

コメント&いつもご訪問有難うございます。

ちゃんと勉強した訳ではありませんが、、

当事の芸術家達は、お金のため、必ずしも自分の書きたい絵が

書けた訳ではなかったようで、パトロンやクライアント達にはバレないよう、

こっそり皮肉を描き込めたのかもしれませんね~。


ちなみにミレーの「晩鐘」は、亡くなったわが子のために、祈りを捧げているという

解釈が浮上し、なんと赤外線にかけられた事があるそうです。

その結果、足元に骨壷らしきものがあったとかなかったとか・・・(ギャー)

謎深いですよね~~

★★★★★★
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
カテゴリ
月別アーカイブ
人気記事ランキング
ランキング
ベストセラーランキング 人気ブログランキングビジネス ブログランキング
↑アクセスありがとうございます。クリックをお願い致します。
相互リンク
オーガニック美容室| マッチ箱| アンティーク・ジュエリー| 楽天・ジュエリー| 植木屋| スニーカー| プロサーファー| サーフショップ| バリ島| ダンサー| 葛飾区鍼灸| ハワイアン雑貨| スペイン料理赤坂| 技術開発| 四つ木鍼灸| 宝石ジュエリー| 読書日記| 葛飾区住宅リフォーム| 乳癌サバイバー| 金町リフォーム会社| 今日のコーディネート| 相模原リフォーム会社| うちの猫にゃんのブログ| 葛飾区 美容サロン|
  • SEOブログパーツ
 リンク集

あわせて読みたいブログパーツ 相互リンク集 Site Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。