FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あらすじで読む古典落語の名作  野口卓/柳家小満 教養/古典書



■書籍名■
あらすじで読む古典落語の名作

■著者■
野口卓/柳家小満(監修)

■書籍の帯■

名人が死ぬとその名人芸を持って行ってしまうと言われるが、

それが語り草となり、下地となって新たな名人芸が生まれるのであろう。

古典落語とは、かくして一つずつ生まれては消え、また生まれ育ってゆくものなのである。


■書籍レビュー■

立川談志さんが他界した。

11月25日の日経新聞の「春秋」は、

立川談志さんに「神が降りた」と語り草になっている高座

『芝浜』は鬼気迫る出来だったという書き出しで始まる。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト



tag: :ベストセラー書籍レビュー教養古典書あらすじで読む古典落語の名作野口卓/柳家小満
★★★★★★
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
カテゴリ
月別アーカイブ
人気記事ランキング
ランキング
ベストセラーランキング 人気ブログランキングビジネス ブログランキング
↑アクセスありがとうございます。クリックをお願い致します。
相互リンク
オーガニック美容室| マッチ箱| アンティーク・ジュエリー| 楽天・ジュエリー| 植木屋| スニーカー| プロサーファー| サーフショップ| バリ島| ダンサー| 葛飾区鍼灸| ハワイアン雑貨| スペイン料理赤坂| 技術開発| 四つ木鍼灸| 宝石ジュエリー| 読書日記| 葛飾区住宅リフォーム| 乳癌サバイバー| 金町リフォーム会社| 今日のコーディネート| 相模原リフォーム会社| うちの猫にゃんのブログ| 葛飾区 美容サロン|
  • SEOブログパーツ
 リンク集

あわせて読みたいブログパーツ 相互リンク集 Site Ranking
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。